前線と温帯低気圧





画面をドラッグして回転させて見ることができます。

温帯低気圧

北半球の温帯地域では、北の冷たい空気の塊と南の暖かい空気の塊が出会う場所です。
異なる二つの塊の空気が会う時はすぐに混合できません。このとき、比較的軽い、暖かい空気が上昇し、低気圧が形成される。
北半球では低気圧は反時計回りに回転し、二種類の前線を伴うことになります。 (南半球では時計回り)

寒冷前線

冷たい空気の塊が暖かい空気の塊の下に迅速に掘り下げてき生じる前線です。
冷たい空気が暖かい空気の下で急激に掘りながら暖かい空気が急激に上昇することになり、雲が垂直に発達します。そして狭いエリアに多くの雨をかけます。
一般的に、寒冷前線が通過すると、天気がぼやけて、雨が降ることができ、気温が下がります。

温暖前線

温暖前線は低気圧の中心部である暖かい空気の塊が、冷たい空気に向かって進行しながら、冷たい空気に乗って上昇することを意味します。
暖かい空気が冷たい空気の上に広がっていくので、薄い雲が生成され、弱い雨が降ります。
一般的に、温暖前線が通過するようになると、暖かい空気の塊の影響で気温が上昇して天気が晴れなります。