三原色






* 画面をタッチして、色の円を動かしてみましょう。

光の三原色

赤、緑、青の3色を光の三原色と呼びます。この三つの色の光を適切に調節すれば、どのような色でも作成することができます。

  • 赤 + 緑 = 黄色
  • 赤 + 青 = マゼンタ
  • 緑 + 青 = シアン

このように二つの原色を混合すると二次色(secondary color)になります。
3つの原色をすべて混ぜ、白になります。
光は混ぜるほど明るくなるため、加算混合(Additive mixing)と言います。

顔料の三原色

物体が特定の色を持つことは、物体内の色素が特定の光を反射し、残りの光を吸収するからです。
複数の色素が混合されると、吸収可能なほとんどの光が吸収されるため、ますます暗くなります。
したがって、顔料の三原色は「赤 – 黄 – 青」ではなく、光の三原色の二次色である「シアン – マゼンタ – イエロー」になります。
理論上、顔料の三原色をすべて混ぜると、黒がなければならないが、実際には、いくつかの反射光によって完全に暗くならない。

カラー印刷機では、顔料の三原色に黒色を追加し、CMYK(シアン-マゼンタ-黄-黒)の4色システムを利用します。 これは文字などで黒色がかなり多く使われ、影などで豊富な黒色を得るためのものです。

Comments ▼