気体反応の法則




気体反応の法則

水素ガスと酸素ガスが反応すると水蒸気を生成します。このとき、水素ガスと酸素ガスは2:1の体積比で反応して、2体積の水蒸気を生成します。

このように、一定の温度と圧力で気体が反応して、新しい気体が生成されるときに、各気体の体積との間には、常に簡単な整数比成立します。

体積比を簡単整数比で表すことができるのは、気体の種類に関係なく、同じ温度と圧力で同じ体積の気体中に含まれている分子の数は同じであるためです。1811年、イタリアの科学者アボガドロは、これを法則に発表しました。

つまり、気体が反応する化学反応式で係数の比は、分子数の比と同じで、分子数の比は、体積比と同じです。