ライフゲーム(Life Game)


ライフゲーム(Life Game)

Martin Gardnerがサイエンティフィックアメリカン(Scientific American:アメリカの科学雑誌)にJ.H.Conwayのライフゲームを紹介したのは1970年のことでした。その後、かなりの間、世界のPCやコンピュータでこれが大流行したりしました。

碁盤の上にいくつかの石("生命体")を適当に配置します。これらの生命体は、以下に説明する簡単なルールに従って流れを継続します。それを見て楽しむ程度の単純なシミュレーションであるが、驚くほどの変化が豊富で、見ていても飽きません。

碁盤にはどの場所や種・横・斜めに8つの場所と隣接しているが、もし、いくつかの場所が空いていて、また、その場所と隣接するちょうど3つの場所に生命体が存在する場合、次の世代には、その空の場所に新しい生命体が誕生します。一方、既に存在している生命体には、隣接する場所に居住する生命体が一個以下または4つ以上になると、過小や過密のために、次の世代には死亡してしまいます。