インダクタとコンデンサ

 




なぜ、インダクタ(コイル)が接続された回路にスイッチを入れると電流が徐々に増加しますか?

インダクタ(コイル)に電流が流れ始めると、同時にインダクタの周りに磁界が生じます。
これらの磁場の変化を防ぐために、インダクタは、自主的に起電力を生み出します。この逆起電力が妨害する効果を示し、電流は徐々に増加します。
もしインダクタに流れる電流の変化がない場合は、磁場の変化もありません。したがって、インダクタは、一般的な導線のように電流をよく通過させてくれます。
逆に、インダクタに流れる電流が変化すれば、インダクタはずっと起電力を作りながら、電流の流れを妨げます。

なぜ、コンデンサ(キャパシタ)が接続された回路にスイッチを入れると、電流がしばらく流れ、停止でしょうか?

根本的にコンデンサは導線の一部が切断されたことです。
コンデンサが接続された回路にスイッチを入れると、コンデンサが充電されている間は電流が流れます。しかし、コンデンサの充電が完了すると、これ以上の電流は流れることができません。
もし高い振動数の交流電源が供給されれば、コンデンサは、充放電を繰り返しながら電流を継続流れることができます。

これらの特性は、どこに使用できますか?

インダクタは、低振動数の電流を、コンデンサは、高振動数の電流をよく通過させます。
これらの振動数特性を利用して、インダクタとコンデンサは、必要周波数の電気信号をフィルタリングすることができます。これは、無線通信など、私たちの周りで非常に緊要に使用されます。(例えば、TVやラジオの放送周波数を見つけること)