重力レンズ






時空の歪み

相対性理論で有名なアインシュタインは重力を力に考えず、物体の質量が時空を歪めすると思いました。このとき、質量が大きいほど時空の歪みの程度が大きくなります。これを通じて、物体が落下したり、惑星が太陽の周りを回るのもが、曲がっ時空間に沿って物体が運動するものとして説明しました。そして、光さえも曲がっ時空間に沿って進行すると説明しました。

地球の近くでは、時空間が曲がっ程度が小さいため、光が曲がることを観測することは困難です。しかし、光が太陽のように質量が大きい天体の横を通るときには曲がった程度を測定することができます。実際、1919年、英国の天文学者エディントンは皆既日食時の太陽の近くで星が曲がる現象を観測することに成功しました。

重力レンズ

遠く離れている明るい星(例:クエーサー)からの光は、銀河のように重い天体によって光が曲がることができます。この光は、地球に複数のパスに到達することができます。
地球では、光線が直進したと観測するため、一つの星の光から複数の像が観測されます。

Gravitational Lensing Graphic
Gravitational Lensing Graphic (https://www.jpl.nasa.gov/images/gravitational-lensing-graphic/)