共有結合とは?

共有結合は、原子がそれぞれ電子を出して「電子対」を作り、この「電子対」を共有することにより、形成される結合です。お互いの電子をペアで共有するため、共有に参加する電子の数は、常に偶数となります。

共有結合に参加する電子対を「共有電子対」、共有結合に参加していない電子対を「非共有電子対」といいます。

二つの原子間で共有する電子対の数に応じて、単結合、二重結合、三重結合で区切ります。

単結合(Single Bond)

二つの原子の1つの電子対(または電子2個)を共有します。
原子と原子の間に1つの線を引いて表示します。


F-F(フッ素分子)

二重結合(Double Bond)

二つの原子の2つの電子対(または電子4個)を共有します。
原子と原子の間に2つの線を引いて表示します。


O=O(酸素分子)

三重結合(Triple Bond)

二つの原子の3つの電子対(または電子6個)を共有します。
原子と原子の間に3つの線を引いて表示します。


O=O(酸素分子)

 

更新履歴
- フッ素、酸素、窒素、二酸化炭素の追加