近視と遠視の矯正




物事を詳しく見るためには、物事の一点から出発した光が網膜の一点で正確に集まらなければならいます。そうではなく、物事の一点から出発した光が網膜のあちこちに広がってしまったら、私たちは、物事をかすかに認識することです。
したがって、物事から広がっていった光を網膜の一点に集めるためには、凸レンズの役割をする装置が必要です。これは目の角膜や水晶体です。

視力矯正

光がよく屈折されなくて、視力に問題が生じる場合、様々な方法で校正することができます。

近視:ひどく屈折されて焦点が網膜の前に結ば場合です。近くの焦点はよく結ばが、遠方から来た光の焦点を結ぶことが困難があります。凹面レンズで矯正します。

遠視:屈折が十分されていなくて焦点が網膜の後ろに生じます。近くの焦点をキャッチするために困難です。凸レンズで矯正します。

レーシック、ラセック手術:手術を通じた校正方法もあります。角膜表面または角膜の内部を削って屈折異常を矯正します。一度だけ施術すると、比較的半恒久的に矯正されるという利点があります。しかし、角膜を削らなければならため、角膜が過度に薄く、様々な理由で手術が不可能な場合もあります。