コリオリの効果

Speed




アイデアの基礎を提供してくれキム・ソンギュ先生に感謝申し上げます。

コリオリの効果

フランスの数学者コリオリは、地表面上の流体の移動方向が少しずつ曲がっていくことを初めて解説しました。この効果は、地球のように自分で回転するすべての場所で観察することができます。
コリオリの効果によって、北半球では、移動したい方向の右側に、南半球では左に曲がってながら移動するように見えます。

コリオリ力は、実際に存在する力がないので、反応もありません。(慣性力)
北半球を基準して、高気圧は時計回りに回転しながら広がっていき、低気圧は反時計回りに回転しながら入ってきます。

もし、地球が自転しない場合、赤道地方で加熱された空気は、上昇して極地に向かって移動し、極地では、冷却された空気が下降して、赤道地方に向かって移動することです。地球上での実際の大気循環は、地球自転の影響を受け、複雑な姿で表示されます。

大気循環は、赤道地方と緯度30˚の間、緯度30˚と60˚の間、緯度60˚と極地の間で起こり、北半球と南半球でそれぞれ3つの循環細胞を形成します。北半球の場合、赤道地方と緯度30˚の間の地表付近では、北東貿易風が吹いて、緯度30˚と60˚の間では、偏西風が吹きます。また、緯度60˚と極地の間では、極東風が吹きます。大気循環は赤道を境に北半球と南半球で対称的に表示されます。

便器や洗面台で水が抜けながら、回転することはコリオリ効果との関係はありません。
コリオリの効果は、地球上の海や大気などの膨大な規模の流体に表示される効果です。

Related Post