熱伝導





熱伝導

高温の物体と低温の物体を互いに付けておけば、分子運動によって温度が高い物体の熱が低い場所に移動します。
このように、物質を構成する分子が衝突し、熱エネルギーが伝達される現象は、伝導と呼ばれます。

私たちの周りで見ることができる熱伝導の例

金、銀、鉄、アルミニウムなどは、熱がよく伝導される物質です。一方、ガラス、プラスチック、木材などは、熱がよく伝導されません。
お湯に金属のスプーンと木材のスプーンを浸した後、しばらくして、触ってみると、金属のスプーンは熱く感じられるが、木のスプーンは熱い感じがありません。
寒い冬の日の外にある金属のベンチに座ってみると、冷たく感じられます。しかし、木のベンチは冷たい感じが少ないです。金属と木製のベンチは、すべて同じ温度なのに、なぜ感じが違うのでしょう?これは椅子に座って、体の熱が金属や木材に転倒したとき、木よりも金属が熱がよく伝導され、体の温度が早く下がるからです。

Related Post