肺の表面積





呼吸器官

人は、生命活動に必要な酸素を空気中で受け入れ、体から生じた二酸化炭素を体の外に出すために、常に呼吸をします。
人の呼吸器官に鼻、気管、気管支、肺などがあります。
肺の中の各気管支は非常に細い枝を形成し、この狭い枝の先端部分が肺胞に接続されます。肺胞は非常に薄い膜の空気のポケットです。

肺胞の表面は、毛細血管が取り囲んでおり、肺胞の空気と毛細血管内の血液の間で気体の交換が行われます。肺は多数の肺胞で構成されているので、表面積が非常に広く、空気と血液の間での気体交換が迅速に起こります。

Related Post