テオ・ヤンセン機構




テオ・ヤンセン Theo Jansen

21世紀のダヴィンチの異名を持つキネティックアートの代表作家です。ペットボトルやチューブ、ケーブルタイなどの簡単な材料を利用して、風にのみ動く構造物を作ることで有名です。1990年から動く芸術作品を意味するキネティックアートに注力して、自分だけのユニークなアート世界のビーチ動物「Strandbeest」シリーズを作り上げました。適切な長さのリンクが互いに接続されて、まるで動物の足が動くように複雑な動きを生み出します。

 

 

テオ・ヤンセンのHoly numbers

テオ・ヤンセンの基本的な足の構造物は、11個の骨組みで構成されています。テオ・ヤンセンは、数年の間に、コンピュータの演算と世代交代を通じて、最も適切な骨組みの長さの比を発見した。作家はこの数字の集合を「Holy numbers」と呼びます。「Holy numbers」は、上記のシミュレーションに提示されています。(編集モード)