スピーカー





スピーカー

一般的なスピーカーは、電磁力の原理を利用したものです。
ボイスコイルの周辺には、永久磁石による磁場が形成されています。ボイスコイルに電流が流れると、コイルに電界が形成される。コイルで形成された磁場と永久磁石の磁場が相互作用して、磁力が発生し、この力によって振動板が動きます。動く振動板が空気を振動させると、音が発生します。

スピーカーの構造

「フロントプレート」と「バックプレート」、「ポールピース」は、永久磁石によって磁化されています。「ボイスコイル」は、「フロントプレート」と「ポールピース」の間で振動するようになっています。「ボイスコイル」を取ってくれる「スパイダー」は、比較的柔軟な材料で作って「ボイスコイル」が十分に振動できるようになっており、振動板の端部分も柔軟な構造になっていて、コイルが十分に運動させることができるようしました。