海陸風

海陸風は海辺で一日を周期で風向きが反対方向に変わって吹く風です。昼に吹く海風と夜に吹く陸風を合わせて海陸風と呼びます。
海陸風は陸地が海よりも早く加熱され、すぐ冷却されて発生する気圧の差によって生じる風です。

  • 海風:昼の場合、陸地が海よりも多くの加熱されるので、陸地が海よりも相対的に気圧が低くなり、海から陸に向かって海風が吹きます。
  • 陸風:夜の場合、陸地が海よりも多くの冷却されるので、陸地が海よりも相対的に気圧が高まり、陸から海に向かって陸風が吹きます。