反応速度 - Java実験室

反応速度




時間の流れに沿って、反応物と生成物の濃度曲線はどのように表示されるでしょうか?ボタンを押して合成反応をさせてみましょう。

反応速度

反応速度は化学反応が速くなったり遅く起こる程度を意味します。溶液の反応速度は、一定の時間の間に反応物や生成物の濃度を測定して計算します。
一定の容器の中に一定量の反応物が入っており、反応物が自ら化学反応を起こしているとすれば、反応が継続起こるほど、反応物の濃度が低くなるため、反応速度が遅くなります。
この現象をグラフに描いてみると、上記のシミュレーションと同じで、曲線の傾きが緩やかほど反応速度が遅くなります。

反応速度を高める方法

1. 濃度高める
化学反応が起こるためには、反応に関与している粒子が互いに衝突する必要があります。もし、反応物の濃度が高い場合、粒子が互いに衝突する場合の数が多くなります。反応する粒子間の衝突が多くなると反応速度が速くなります。

2. 温度を上げる
ほとんどの化学反応が起こりために原子や分子が十分な速度で衝突する必要があります。化学反応に必要な最小限の衝突速度に到達する気体は温度が高いほど、より多くなります。したがって、温度が高いほど化学反応がよく起こります。

3. 溶液をよく混合
溶液をよく混ぜてくれることでも反応速度を高めてくれることができます。温度が非常に低いため、粒子がうまく動かない場合に効果的です。

4. 表面積を広げる
広い範囲で粒子がお互いに会うことができている場合、反応速度を高めてくれることができます。粉砂糖は、堅いキャンディより水によく溶けます。ほとんどの生物の細胞が小さい理由は、表面積を広げ物質交換を効率的にするためのものです。

5. 触媒を使用する
化学反応を助けてくれる適切な物質(触媒)を入れてくれれば、化学反応速度が上がります。