目の色認識

可視光線は、様々な色を持っています。光は波長(または周波数)に応じて、他の色を帯びるようになります。
次に、人はどのように色を認識するか?それは目の網膜の中にある色を検出する細胞である錐体細胞によって行われます。錐体細胞は、3つの種類があり、それぞれ赤、緑、青領域の光を強く認識しています。
以外の色は、二種類以上の細胞が同時に反応して、これらの組み合わせで、脳で合成された光として認識することです。実際、赤、緑、青光を適切に組み合わせることで、すべての色を作ることができますが、最も代表的なのがテレビとモニタの画面です。

スマートフォンの画面を拡大してみると、赤、緑、青を出せる画素が見えます。この三種類の画素がすべて発光をすれば、脳は白と認識して、赤と緑のが同時に発光される場合には、黄色で認識します。