位相配列 - Java実験室

位相配列






回転レーダー

一般的に、電磁波(略して電波)は、四方に広がっていきます。この場合、すべての方向から電磁波を送信したり、受信することができます。しかし、距離が離れるほど電磁波の強度が距離の二乗に比例して低くなります。
これを補完するために、初期レーダー(電波を利用して、遠く離れた金属物体を検出する装置)は、凹面鏡の形の反射板を利用したりしました。そして、所望の方向に電波を集中するために反射板を機械装置で回転させた。

今も、軍艦など、いくつかの船の上でくるくる帰るレーダー装置を見ることができます。

位相配列アンテナ

複数のアンテナを近く配列して電波を発射すれば、特定の方向でより強い電波で合わせます。そして、他の方向では、電波が弱体化されている干渉効果が起こります。このように、アンテナ間の位相差を適当に調節すれば、特定の方向に電波を集中させることができます。この場合、機械装置の方向を回転させなくてもかまいません。加えて、送受信方向の切り替えも回転することに比べて速くなります。