平行に入射する太陽光

太陽の放射エネルギーは、四方に広がっていきます。ところが、太陽と地球は互いに遠く離れているため、通常はほぼ平行に入射すると仮定します。
古代ギリシャのエラトステネスは、太陽の光が平行に地球を照らしているという仮定の下で、地球の大きさをかなり正確に測定しました。

太陽からの光が実際に平行していない理由

事実、地球に映る太陽の光は、完全に平行ではありません。太陽が点光源ではないのでそうです。太陽の直径は地球の約109倍です。地球に比べてはるかに表面がはるかに広いです。このように非常に広い太陽の光球からの光が四方に放出されます。
高い建物が作る影を見れば、影の境界が明確ではありません。これは太陽が非常に大きい天体であることを示します。
または、木々の緑豊かな床を見ると、ピンホールカメラの原理によって作られた太陽の像が見えます。普段太陽の像は、丸い円形であるが、日食のように、太陽の一部が表示されない場合は、その形状が底に表示されます。(下右写真)