分子量計算機





元素を順番にクリックすると、順番に原子量を加えながら合算した分子量が出力されます。
例えば、水(H2O)の分子量を知りたい場合は、「H」をダブルクリックして、次に「O」を一度クリックします。

分子量計算機

分子量は、炭素-12原子(陽子6個+中性子6個の炭素原子)を基準とした分子の相対的な質量を指します。
分子量の数値の後に質量の単位(g)のみつければ、分子1 moleに該当する物質のg数を知ることができます。

モル(mole) – 粒子の数を数える単位

原子は非常に小さいため、原子や分子の数をいちいち数えながら計算することができません。例えば、直径1mmの雨滴の中にも水の分子が約1,400,000,000,000,000,000,000個程度含まれています。
こういうときは、複数の粒子をまとめて一つの単位で手軽に計算することが簡単です。最も頻繁に使用される単位はモル(mole)です。
1モルは、質量12gに含まれる炭素-12原子数として定義します。この数字は、アボガドロ数と呼び、約6.0221415×1023です。

Related Post