メンデルの遺伝の原理






メンデルの遺伝の原理

オーストリアの修道士メンデル(Gregor Johann Mendel。1822 – 1884)は、エンドウ豆の栽培しながら、エンドウ豆の遺伝因子が粒子のような性格を帯びて、子孫に伝えれると主張しており、エンドウ豆を用いた実験の結果を分析して、遺伝の基本的な原理を明らかにした。

メンデルの基本仮説

  1. 形質は、一対の遺伝因子によって決定されるが、この遺伝因子は、親からそれぞれ一つずつ受け継いだものであります。
  2. 一対の遺伝因子は、生殖細胞を形成するとき、分離され、それぞれの生殖細胞に分かれて入り、子孫に伝達され、再びペアになります。
  3. 特定の形質の一対の遺伝因子が異なる場合、そのうちの一つは、表現され、他の一つは、表現されない。
Related Post