強磁性体の磁化





物質の磁性

物質は、外部磁場に対して反応する形態に応じて「強磁性」、「常磁性」、「反磁性」の3つの種類に分けられます。

強磁性

強磁性体では、原子一つ一つがまるで磁石のような役割をします。強磁性体は外部磁場によって原子磁石が外部磁界と同じ方向に配列されます。(自画、magnetization)磁化された強磁性体は、彼自身が磁石のように、他の強磁性体を引き寄せることができます。
(例)鉄、ニッケル、コバルト
強磁性体は、外部磁場を除去しても磁化が長く維持される性質があります。(情報の記録)この現象は、クレジットカード、録音テープ、コンピュータ記憶装置などに利用されます。磁化された強磁性体は、強い磁場、高温、または大きな衝撃を与えると、磁化から解放されます。

常磁性

外部磁場によって物質内部の原子磁石が外部磁界の方向に弱く磁化されて磁気に弱くつけました。外部磁場が除去されると、磁石の効果がすぐに消えます。
(例)紙、アルミニウム、マグネシウム、タングステン、白金、液体酸素など

反磁性

外部から磁場を加えたとき、物質内部の原子磁石が外部磁界の方向と逆に磁化されて、磁気に付きません。
(例)水、水銀、鉛、銅等のほとんどの物質
超伝導体の場合、強い反磁性を帯びています。