ローレンツの水車





ローレンツの水車

床に小さな穴があいたバケツが付い水車があるとしましょう。上に蛇口から水が落ちると、バケツは水を落としながら戻ります。
その後、水車は果たしてどちらの方向に戻るのか予測しましょう。

水車は、とにかく一方の方向に戻ると考えやすいです。しかし、少し考えてみるとそれほど簡単じゃないことを知ることができます。
蛇口から水が出てくるの量によって水車の回転方向は変わります。

  1. 水の量が少ないと、収差はほとんど動きません。
  2. 水の量が増えれば、水車は、いずれかの方向にゆっくりと回転を開始します。
  3. 水の量が増え続けると、水車はもっと早く回るなれ、バケツ内の水を完全流れてしまうことも前に、反対側に至ります。このため、再び回転速度が低下され、最終的に回転の方向が変わります。このように、回転の方向は、定期的に変わります。
  4. さらに数量を増加させると、水車の回転は、ますます複雑な様相を見せるが、結局は勝手に回り始めます。つまり、カオス(khaos)状態に至るようになります。
Related Post