CDの表面の虹色






光の波長を調整して、希望の光の色を選びます。
反射角度を調節してみると、補強干渉となる場合が生じます。

非常に小さな鏡

もし非常に小さな鏡がある場合、このミラーはミラーとしての役割をするか?

만약 거울의 크기가 빛의 파장 이하로 작다면, 그것은 더이상 거울로서의 역할을 할 수 없게 됩니다.
빛의 파장 길이 보다 작은 거울은 사방팔방으로 빛을 산란시켜 버립니다.
거울의 표면이 편평하다는 것은 거울을 이루는 물질들이 고르게 퍼져 있어야 함을 뜻합니다.
하지만, 아주 작은 물질은 점으로 취급되고, 입사각과 반사각의 의미가 없어집니다.

CDは非常に小さな鏡が並んで配列されたもの!

CDの表面には、非常に細い鏡が一定の間隔で刻まれています。
非常に細かくするので、それだけで目に見ては見ることができません

それぞれの鏡に反射された光は、散乱され特異な現象を生み出します。散乱された各光は側面ミラーを通過した光と、互いに干渉を起こして、特定の角度のみ反射されます。

可視光線の波長の光が回折現象を起こしたためには、CDの表面のように間隔が非常に短くします。
一般的に、可視光の波長は、400nm〜700nmであり、CDのトラック間隔はそれよりも少し大きい1600nm(=1.6㎛)です。。

干渉の原理

光は、同じ位相で進行することを好みます。同じ位相である場合、波動の補強干渉が起きるが、位相が異なる場合相殺されるからです。

CDのように、一定の間隔で配列された狭い鏡で反射された光は、複数の方向に散乱される機会がありました。しかし、光が全て同じ位相でのみ進行しようとしますので、特定の角度のみ反射されます。
光は、波長に応じて、様々な虹色に見え、したがって、特定の角度でのみ、特定の虹色を観察することができます。