テコに必要な最小限の力 - Java実験室

テコに必要な最小限の力





テコ(梃子)

テコはバーを利用して力を伝達するためのツールです。テコを利用すれば、比較的少ない力でも仕事をすることができます。
テコの動きのために必要な最小限の力は、テコの長さに調節することができます。

テコでの仕事

仕事とは、物体に力を与えて物体を力の方向に移動させることです。
仕事の原理に沿って、私がテコにした仕事の量と、テコが物体にした仕事の量は同じです。

物体の重量(N)× 支点から物体までの距離(m)= テコを動かすための最小限の力(N)× 支点から力点までの距離(m)

実験室環境で、テコに必要な最小限の力を測定するためには、余分な力が加わらないようにテコをゆっくりと動かすことがお勧めです。