ルシャトリエの原理





ルシャトリエの原理(圧力と化学平衡の移動)

例えば、いくつかの可逆反応が平衡状態にあるとき、平衡系の圧力を増加させると、増加された圧力を減少させようとする方向に反応が進み、圧力が高まるの変化を減らそうとします。
平衡状態の反応からの圧力を上げると、気体のmole数が減少する方向に平衡が移動し、圧力を下げると、気体のmole数が増加する方向に平衡が移動します。
まるで、狭いスペースでの粒子の数が減るように、追加のスペースを確保しようとすると見られます。

ルシャトリエの原理は、化学平衡状態の物質の外部条件を変化させたとき、どのような反応が起こるか予測するのに使用します。