定比例の法則(水蒸気)


定比例の法則

水素ガスが燃焼されて、水が生成される反応では、水素原子2個あたり酸素原子1個ずつ結合します。つまり、水素ガスと酸素ガスは、常に2:1の数の割合で反応して、水を生成します。

このように、複数の物質が反応して新しい化合物を生成するとき、反応物質の間には一定の量的関係が成立します。これを「定比例の法則」と呼ばれています。「定比例の法則」は、化合物が生成されるときに、2種類以上の原子の簡単な整数比で結合して作られるという事実を説明することができます。

Related Post