衝撃






運動量(momentum)

移動中や、回転している物体は、「運動」をしていると言います。「運動量(momentum)」は、この「運動」を数値的に表したものです。
直線的に運動している物体の運動量は、物体の質量に速度を乗じ計算します。

運動量 = 物体の質量 × 速度

運動量 = m × v

運動量と力積

物体に加わる運動量の変化量を力積(impulse)と呼びます。
運動量が変化する程度は、力の強さと力を加えた時間に比例します。

力(F) × 作用時間(t) = 運動量の変化(力積)

つまり、

力積 = 運動量の変化

Ft = Δmv

です。
このとき、力に対応する「F」の要素を「衝撃(力)」と呼びます。

\[ 衝撃(力) = \frac { 運動量の変化 }{ 作用時間 } \]
\[ F = \frac { Δmv }{ t } \]

柔らかい物体にぶつかるとあまり痛くない理由は?

運動量が一定の場合には、時間間隔との衝撃力は反比例します。
柔らかい物体と衝突すると、衝突時間が延長されます。時間が長くなっただけ衝撃力は弱くなります。