自由落下運動の分析 - Java実験室

自由落下運動の分析




* グラフの作成方法は下記の本文をご覧ください。

自由落下運動

ボールを手に持っていると離すと下がります。
空気抵抗がないときにボールが落ちている間、ボールに作用する力は重力だけです。

自由落下運動するボールを一定の時間間隔で撮影すると、ボール間の間隔がますます長くなります。 経時的な移動距離グラフは、以下のように表すことができます。

Free falling motion

ボール間の間隔は、一定時間ボールが移動した距離であるため、速度を意味します。 したがって、自由落下運動するボールは、時間とともに速度が一定に増加することがわかります。 自由落下運動する物体の時間速度グラフは、以下のように表すことができます。

Free falling motion

自由落下運動の時間速度グラフを分析すると、速度が毎秒「9.8m/s」ずつ増加することが分かりますが、このとき「9.8」を地球の「重力加速度定数」といいます。
一部の教科書では、9.8を10と簡単に計算する場合もあります。