柱状節理の形成






柱状節理の形成

済州島のジサトゲのような柱状節理は、火山が爆発し、溶岩が固まる速度に応じて4角形、5角形、六角形などの多面体の石柱に表示されます。
柱状節理の形状が、六角形だけあると考えられるが、実際に観察してみると、6角形だけでなく、非常に多様であることを観察することができます。

柱状節理は溶岩が急速に冷却された玄武岩地域でよく見ることができます。玄武岩溶岩が流れ、冷却され、冷却核(収縮コア)が生じます。冷却核を中心に収縮が開始されます。水を除いた大部分の物質は固体に冷却されると、体積が減少します。溶岩の表面が先に冷却収縮され、表面から下に向かって、収縮が相次いで起こります。この結果節理が形成されます。柱状節理の多面体形状は、収縮コアの配置に依存します。

ボロノイ図を描く /voronoi_diagram_drawing/

Related Post