ホタルの同調現象




 
タイのマングローブ林に行けば毎日数キロにわたってものすごい集団のホタルが一瞬の光を発します。
 

 
しばらく待ってみると、誰が指揮をすることもないのに、数十万匹のホタルがリズムを一致させながら、定期的に光を輝く団体行動が起こります。ホタルの群れがまるで一つのボディになったように、自動センサーによって輝く光のように動きます。
誰かがこれらと同時に行動するようにするのでしょうか?
 

 
1915〜1935年の間に「サイエンス」誌は、この神秘的な集団同調現象に対して、約20個の論文を載せました。いくつかは、これがつかの間の偶然だと結論に達しまし。一部の人々は、異常な気象条件のせいだと言いました。少数の人々は、ホタルの中にすべてを調整するヘッダーがあると思いました。
 
1960年代後半に至り、謎の一部分が解けました。同調するホタルは光を同時に放つだけでなく、「リズムに合わせて」一定のテンポで光を発します。互いに離れて隔離されてても、継続的な拍子を維持します。まるで自分で12時に種を打つ時計塔と似ています。
 

 
実際は、輝くホタルの群れは皆が継続的に信号を送って、他虫のリズムを調節する一方、自分も他人の信号を受け入れ、周期を調整します。ホタルの仕事は横のホタルが点滅する場合、自分の時計を 0. 数秒前に調節することだけです。
 

 
ここで、いくつかのオプションがあります。調節して見てホタルの行動を探検してみましょう。
 


 

 

参考文献 : 同時実行の科学、シンク(スティーヴンストロガッツ)