眼の進化 - Java実験室

眼の進化





鞭毛虫類

数億年前、単細胞生物の内部に光を感知する細胞小器官が作られました。 「眼点」と呼ばれるこの器官を持つ生物は、昼と夜を区別することも、有害な紫外線を避けることもできます。

偏形動物

そして、この眼点は多細胞生物の光感知細胞に進化しました。 光感知細胞は凹状の曲面を形成し、原始的な網膜となりました。

オウムガイ

進化を経て、網膜は光が入る小さな穴だけを残し、ボールの形に近づいた。 この結果、小さな穴に入る光の方向をよりよく知ることができる。 そして、シャープではないけど前に置かれた物体を気づくこともできます。

タコ、人間

そして、水晶体が小さな穴に作られました。 水晶体の横には筋肉がついて焦点調節が可能になりました。 そして、光の量を調整する虹彩も水晶体の外側に作られています。 2つの目が少しずつ正面に向かって遠近感知が可能になり、ついに、色も区別できるようになりました。