電流、導体、不導体





電流

豆電球と電池を導線に接続すると、電球が点灯します。これは導線に沿って( - )電荷を帯びた自由電子が移動するためであるが、このような電荷の流れを電流といいます。

電流が流れないときは導線内部の電子が複数の方向に不規則に動きます。しかし、電池が接続され、回路が構成されると、電子が一定の方向に動いて電荷の流れが表示されるので、電流が流れます。

電流が流れる速度は?

金属製の導線の内部には、すでに自由電子がいっぱい満たされています。これらの導線に電池と豆電球を接続すると、すぐに豆電球が点灯します。これは電池の( - )極から出発した電子がガーランドに到着したからではなく、豆電球の直前にあった自由電子が豆電球を通過しながら仕事をしたものです。実際に電池の( - )極から出発した電子が豆電球に到着するためには、数時間、あるいは数日かかるの旅をします。通常は、その前に電池(バッテリー)の寿命は終わっています。

このように、導線の内部は空っぽなのではなく、自由電子がいっぱい入っていて、いつでも流れる準備ができています。電車で例えるなら線路に沿って列車がいっぱい入って状態と同じです。したがって、電気回路が接続された情報は、非常に速い速度で伝播されますがそうだと、その流れも速いのはありません。

Related Post