生態系 - Java実験室

生態系




シミュレーションの説明

  • 赤バーの長さは、生命力を示しています。時間に応じて徐々に減少します。生命力が0になると、自然死亡します。
  • 緑色のバーの長さは、スタミナ(栄養状態)を示します。短い場合は空腹状態です。栄養状態が0になると飢え死します。
  • ウサギの繁殖条件:もしウサギのスタミナが50%以上である状態であり、生命力がそれぞれ20%、40%、50%、60%、80%に達すると、ウサギ1匹を生産します。
  • オオカミの繁殖条件:オオカミのスタミナに関係なく、生命力がそれぞれ40%、60%に達すると、オオカミ1匹を生産します。
  • ウサギとオオカミはお腹がすいてたら、エサ探し能力が向上します。

被食者と捕食者の関係

20世紀初頭、米国のイエローストーン国立公園では、鹿を保護するために天敵であるオオカミを大々的に掃討したことがありました。オオカミが消えると、しばらく鹿、ヘラジカ、トナカイの個体数が急速に増加しました。
しかし、どの程度の時間が過ぎると、鹿が草をすべて食べてしまい、鹿の個体数も急速に減少し始めました。慌てた国立公園は、カナダのオオカミ30匹を輸入して国立公園に放射することにより、再び生態系のバランスを回復しました。

ここで考察するのは、オオカミの存在がむしろ鹿の保護に役立つということです。オオカミは遅い鹿や病弱な子を主に狩猟するため、むしろ鹿の個体群を健康にしてくれます。
健康な生態系では、被食者が完全に消えず、捕食者はまた、皆が飢え死ぬことはありません。被食者と捕食者は、一定の時差を置いて増減を繰り返しながら平衡を奏でます。