日食と月食





食現象

食現象(eclipse)は、ある天体が別の天体の動きによって隠される天文現象です。

일식

日食(solar eclipse)は、太陽が月によって覆われ、太陽が欠けて見えたり、あるいは全く見えなくなる現象です。地球から太陽と月を見ると、大きさが互いに似ています。このように、目に見える天体の大きさが同じ場合は、「視直径」が似ているとします。とにかく視直径が似たような月が太陽を完全に覆えば「皆既日食」、一部のみを覆えば「部分日食」、月が公転軌道上遠いところに位置して枠まで完全に覆らないと、環状の太陽の光が見えるが、これを「金環日食」といいます。

月食

月食(Lunar eclipse)は月が地球の影に入ってくる現象です。月食は月が地球の本影の中に入ったときに観測される「皆既月食」と、月が地球の本影と半影の間に位置したときに観測される「部分月食」に分けられます。皆既月食が進むとき、地球本影の中に月が完全に入ると、地球上で屈折された赤光を反射させて赤く見えます。夕焼けのような原理で赤く見える月は「レッドムーン」と呼びます。

金星食

金星食(Transit of Venus)は、金星が太陽と地球の間を横切って過ぎていく現象です。金星が太陽の前を通り過ぎる間、金星は黒の小さな点で示され、太陽放射エネルギーが非常に少し減少します。このように、太陽放射エネルギーが非常に少し減るする現象を利用すると、太陽と地球の間に何かが過ぎたことを把握することができます。太陽系の外の天体を観察しながら、地球と似た惑星を見つけるとき、この原理を利用します。