コンデンサー中の誘電体




コンデンサー

コンデンサー(Capacitor)は、電荷を一時的に入れておく部品です。込められた電荷は、再び流れながら仕事をすることができます。川の流れを電流とするならば、コンデンサは川を込めておくダムに例えることができます。

コンデンサーは薄い2つの金属板を互いに近い触れないように製作します。このような理由から、コンデンサーの記号は、二金属板が互いに届きそう近くした形で描画します。

対向電極に電源を接続すると、電極に電荷がたまります。電荷が別の場所に逃げない理由は、異なる極性を帯びる電荷の間に引力が作用するからです。

コンデンサーの容量を増やす方法

まず、コンデンサーの電極が広いほど多くの電荷を収容することができるので、コンデンサーが広いほど容量も大きくなります。

電極間の間隔を狭くするほど、電荷の引力が強くなるので、電荷をしっかりキャッチ置くことができます。したがってコンデンサーの容量は、電極間の距離に反比例します。

コンデンサー電極間に誘電体を入れてしまえばコンデンサーの容量が大きくなります。「誘電体(Dieelcetric)」は、物質の内部に分極(電荷の偏り)現象がよく起こる物質である。遺伝分極現象によって、より多くの電荷が捕まっようになり、コンデンサーの容量が増加します。

遺伝現象と誘電率

すべての物質は、外部電場に反応して物質の内部に電荷の偏り現象が起こるが、このような現象を「誘電現象」といいます。電界に反応する程度を「誘電率(Permittivity)」と呼ばれ、物質ごとに少しずつ異なります。同じ量の物質であっても誘電率がより高ければ、より多くの電荷を保持するようになってコンデンサの容量が大きくなります。