多角形の対角線 - Java実験室

多角形の対角線





多角形の対角線

対角線は、多角形の頂点をつないだ線を指します。ただし、隣接する頂点をつないだ線分は、対角線と呼ばません。

3角形は、すべての頂点が互いに隣接点であるため、対角線が存在しません。4角形は、2つの線を描くことができ、5角形は5つの線を描くことができます。

頂点の数を「n」とすると「n 角形」で描くことができる対角線の数は次のとおりです。

\[ n角形の対角線の数 = \frac { n(n-3) }{ 2 } \]

頂点の数が多くなると、美しい幾何学パターンが表示されます。