キャンドルで起こる化学変化 - Java実験室

キャンドルで起こる化学変化




キャンドルの主材料であるパラフィン

キャンドルの主材料に該当するパラフィンは、20〜40個の炭素原子が鎖の形で接続されたアルカン炭化水素です。極性溶媒である水には溶けないが、エーテル、ベンゼンなどの無極性溶媒にはよく溶けます。石油化学工程で作られたりします。

キャンドルの燃焼

いくつかの物体が燃焼されるということは、酸素と結合して、光と熱を出すプロセスです。燃焼は、化学反応であるため、物質は燃焼後、完全に他の物質になります。
パラフィンは、炭素と水素で構成されています。つまり、炭素が燃焼されると、二酸化炭素、水素が燃焼されると、水が生成されます。