化学電池(ボルタ電池、ダニエル電池)





ボルタ前の電気の生産

乾電池などの化学電池が作られる以前は、電気を生産する方法で知っていたのはたった一つのしかありませんでした。アンバー、ガラス、または金属を摩擦することです。

ボルタ電池(Voltaic Cell)

18世紀、イタリアのボルタ(1745-1827)は、電気を化学的に作り出そうと試みました。彼は小さな銅板と亜鉛板との間に塩水に浸した紙を挟んでボルタ電池を作りします。彼はこの電池を縦に高積み高電圧を生成することができました。
これは人類の最初の電池であるボルタ電池です。ボルタ電池は、亜鉛板の表面から水素ガスが発生し、これが電流の流れを防いで効率が低くなります。この現象を「分極現象」といいます。

ダニエル電池(Daniel Cell)

その後、英国のダニエル(1790-1845)は、銅板と亜鉛板をそれぞれ別の容器に浸した後、容器の間を塩橋(salt bridge)でつなぐ方法で水素ガスの発生を防ぐことができました。
ダニエル電池は安定して動作される人類最初の電池がしました。

(+)極(亜鉛板):Zn→Zn2++2e-
(-)極(銅板):Cu2++2e-→Cu