細胞が小さいほど表面積が広くなる理由 - Java実験室

細胞が小さいほど表面積が広くなる理由




細胞分裂

人のような多細胞生物は、外観と機能が様々な細胞で構成されています。細胞は、ほとんどの顕微鏡で観察しなければならないほどサイズが非常に小さいのに、これは、細胞が一定のサイズに達すると、それ以上大きくならないからです。

細胞は、細胞膜を介して外部から生命活動に必要な酸素、栄養素を受け入れ、老廃物を外に排出する物質交換をします。細胞の物質交換がスムーズに起こるためには、細胞の大きさが続い大きくなることよりも、一つの細胞がいくつかの小さな細胞に分割されて表面積を増加させるほうがもっと有利です。したがって、多細胞生物は、細胞がどの程度大きくなる、2つの細胞に分割れるが、このプロセスを細胞分裂と呼びます。