細胞分裂モデル





染色体

タマネギの根を顕微鏡で観察すると、核がはっきり見える細胞、または二つに分けられるように見える細胞、または短い紐や棒状に見える細胞など、形や大きさが様々な細胞を見ることができます。

細胞からの短い紐や棒状に見える構造物を染色体と呼ばれます。染色体は細胞分裂が起こるときに表示されます。したがって染色体の形や動きを観察すると、細胞分裂の過程を区別することができます。

染色体は、細胞が分裂していないとき細い糸のような状態に緩んでいます(遺伝子)。遺伝子は、細胞が分裂する前に、複製された後、太く短く団結れ染色体になります。細胞分裂の前期と中期に1つの染色体は、染色分体と呼ばれる2つの鎖になっており、それぞれの染色分体は、同じ遺伝情報を持っています。(複製された状態)

有糸分裂

間期
細胞分裂を準備する時期であり、遺伝物質が複製され、その量が2倍に増加します。核膜が見えます。
前期
二本鎖の染色分体からなる染色体が観察できます。核膜が消え、紡錘糸が形成される。 (シミュレーションでは、紡錘糸が見えません。)
中期
染色体が細胞の中央に並べます。
後期
それぞれの染色分体が紡錘糸によって分離されて陽極に移動します。

末期
凝縮された染色体が解放され、核膜が形成される。以後細胞質分裂が起きて2つの娘細胞が形成される。