カセグレン式望遠鏡








カセグレン式望遠鏡

カセグレン式望遠鏡は、フランスの工作技術者ローラン・カセグレンがニュートン式望遠鏡の欠点を補うために考案した望遠鏡です。

凹面鏡に反射された光は凸面鏡に入射します。 凸面鏡に反射した後、焦点が作成されます。 このユニークな構造のおかげで、短いボディで長い焦点距離を実現できます。
Cassegrain reflectorは他の望遠鏡と比較して軽いです。 そして、色収差などが少なく発生するという利点があります。

Cassegrain Reflector
上の図は、1°の角度で入った光線が約5°に折れて出てくる様子を示しています。 したがって、この望遠鏡の倍率は5になります。

Comments ▼