* 目で確認しやすいように、振幅と波長が任意に調整されました。
* 理解を助けるために、FM放送の周波数変調範囲が誇張されて表現されました。

ラジオの周波数

私たちがよく、「音」と呼ぶ可聴周波数は約20Hz〜20kHzの周波数範囲にあります。
この可聴周波数の電磁波を無線で直接送受信するためには、アンテナの大きさが非常に大きくするなど様々な制約事項があります。
通常は、音波よりもはるかに高い周波数の電磁波に音波を載せて放送します。
主に使用されているAMラジオ、FMラジオの周波数帯は、次のとおりです。

  • AM ラジオ周波数: 約 500KHz ~ 1600KHz
  • FM ラジオ周波数: 約 88MHz ~ 108MHz

したがって、高い無線周波数領域に可聴周波数を入れるために、波動の変調(Modulation)過程が必要です。

  • AM 放送: 音の振幅に応じて電磁波の振幅を変化させて出力します。(振幅変調)
  • FM 放送: 音の振幅に応じて電磁波の周波数を少しずつ変化させて出力します。(周波数変調)

AM放送は、障害物があっても、遠くまで簡単に伝えられるが、音質が良くない。一方、FMは直進性が強く、障害物がある場合、電波が到達していないが、AMに比べて音質が良いです。