交流発電機







交流発電機

コイルの周りで磁石を動かすと、コイル内部の磁場が変化し、それに応じてコイルに電流が流れます。 このような現象を「電磁誘導」といい、このときコイルに流れる電流が「誘導電流」です。
磁石を動かす代わりにコイルを動かしても結果は同じです。
コイルを一定の角速度で回転させると、滑らかな正弦波(Sine wave)形態の交流電源を得ることができます。

電気エネルギーを得るためには対価を支払わなければならない

発電機が動作しているときに発生する電流は、コイルが磁場を帯びるようにします。 したがって、磁石の磁場とコイルの磁界が相互作用し、磁力が発生します。 ところで、この力の方向は常に発電機の動きを妨げようとする方向になります。
これは、エネルギー保存の法則として説明することができます。 発電機が生み出した電気エネルギーの大きさだけに、発電機に仕事(Work)をしなければならないからです。

Comments ▼