天動説と地動説





天動説

天動説は、地球が中心にあり、すべての星が地球を中心に公転する宇宙観です。地球が宇宙の中心にいるという点から、天動説とも呼ばれます。
13世紀から17世紀まで、ローマカトリック教会をはじめとする、キリスト教社会で広く認知された世界観でした。

地動説

地動説は、太陽が中心にあり、地球をはじめとする星が太陽を回っているという宇宙観です。現代に入ってからは、太陽も多くの星の一つに過ぎないということで考えています。
古代ギリシャ人は地動説を信じている人がいたと伝えられるが、数学的に完全な地動説モデルは、16世紀に至ってコペルニクスによって提示された。

地動説の強力な証拠

金星の大きさの変化
金星は地球と近くあるとき、太陽の光をすべて反射することができないので、常に半月形をしています。そして、非常に大きいです。
金星が地球から遠く離れた場合は、満月のように丸い形をしているが、大きさが小さくなります。これらのすべての事実は、太陽が回転運動の中心にする必要があります。

年周視差
地球の公転によって、1年を周期に近い星の視差が変わる現象です。これはまた、地球が太陽を周りに公転しなければなら起こることです。

Related Post