トランジスタ 2






上記のシミュレーションは、実際に動作する回路をベースにしました。トランジスタは、C1815(汎用NPNスイッチングトランジスタ)を使用しました。Baseに接続された抵抗は100kΩです。

トランジスタ

コンピュータの中には想像できないほど多くのスイッチが入っています。私たちがよく見てきた手で押すスイッチはありません。電気信号で動作するスイッチです。コンピュータは、電圧の高さに応じて「1」と「0」に数字をカウントします。電圧が高い状態は、「1」、電圧が低い状態では「0」です。コンピュータは、基本的には二進法の計算をします。コンピュータが数を増して抜くと、「1」と「0」の電気信号が「論理回路」のスイッチとして機能します。このスイッチの中心には、トランジスタがあります。

トランジスタは、コンピュータの論理回路の根幹をなす部品です。トランジスタは、特定の電圧(約0.6〜0.7V)以上の電圧をかけてくれれば、スイッチが接続されているのと同じ動作をします。

トランジスタの構造

ほとんどのトランジスタは、3本の足を持っています。それぞれ、「ベース(Base)」、「コレクタ(Collector)」、「エミッタ(Emitter)」と呼びます。

  • ベース(B):トランジスタを作動させるために、弱い電気信号を加える端子です。
  • コレクタ(C):ベース(B)で弱い電気信号が入ってくると、詰まっていたコレクタ(C)に大きな電流が流れるようになります。
  • エミッタ(E):ベース(B)とコレクタ(C)から流れる電流が合わさる端子です。

トランジスタのスイッチ作用

トランジスタは、スイッチと同じような役割をします。ただし、手で直接押すスイッチはありません。代わりに、電気信号やその他の物理的な環境に応じて、スイッチが自動的に移動します。
ほとんどのトランジスタは、ベース(B)に、約0.6〜0.7V以上の電圧を加えてくれれば、スイッチが接続されているのと同じ効果が表示されます。

スイッチを押してLEDをオン回路の、例えば、一般的なスイッチだけ指でスイッチを押すとLEDが点灯します。トランジスタは、ベース(B)に、約0.6〜0.7V以上の電圧を加えてくれればLEDが点灯します。