トリチェリの実験








トリチェリの実験

気圧の大きさを最初に測定した人は、イタリアの科学者トリチェリです。彼は一方の端が詰まっているガラス管に水銀(Hg)をいっぱいに満たし、水銀が入った容器に逆立てれば、約76cmの高さまで水銀面が降りてきて停止するという事実を発見しました。

ガラス管の太さや傾きが変わっても、水銀の柱の高さは変わりません。これは水銀が入った容器の水銀面に作用する気圧と、ガラス管の中水銀の柱の圧力が同じであるためです。