地球と月の実際のサイズと軌道






月は地球から約384,400km離れたところで、楕円軌道に地球の周りを回っています。月の半径は地球の半径の約4分の1であり、質量は地球の質量のであり、月と地球の共通の中心は、地球の中心と地表面を3:1に分割する点にあります。
上記のシミュレーションは、これまでのすべてを考慮して製作しました。画面を拡大してみると、地球が月のため少しずつふらつくことを確認することができます。

月と太陽が同じようなサイズに見える理由

月は太陽よりも、実際のサイズが非常に小さいが、地球に近いので、空から見える月と太陽の大きさは、ほぼ同じに見えます。このように観測者が見た天体の直径を角度で表したものを「角直径」といいます。月と太陽の角直径は約0.5˚です。
実際の太陽は月よりも約400倍程度大きいが、地球からの距離も約400倍程度遠いので角直径はほぼ同じです。