ピタゴラスの定理 1






ピタゴラスの定理は、

直角三角形の3つの辺を「a、b、c」とし、最も長い辺を「c」とすると、ピタゴラスの定理は方程式「a2 + b2 = c2」が常に真となることです。

一辺の長さがそれぞれa、b、cの正四角形の広さはa2、b2、c2になるので、方程式「a2 + b2 = c2」は、それぞれの辺を利用して作成した3正四角形を仮定すると、小さな二つの正四角形の広さを合わせると大きな正四角形と同じです。

ピタゴラスは紀元前500年頃に住んでいた古代ギリシャの哲学者です。
記録によると、ピタゴラスの定理はピタゴラスが発見したものはありません。ピタゴラスが生まれる以前から、古代エジプトや中国など世界各地で既に同じ概念が知られてい、建築、測量などに使用されました。
それでもこの概念が「ピタゴラスの定理」という名前で伝えられたのは、ユークリッドが書いた幾何学の本から始まったといわれています。ピタゴラスの定理はユークリッドが書いた「原論」に記録されており、この原論は、ヨーロッパで2000年以上の数学の教科書のように使用していました。

ピタゴラス定理の応用

「Java実験室」を作る過程でピタゴラスの定理が頻繁に使用された。
例えば、画面上にある2点間の距離を求める方法は、ピタゴラスの定理を利用したものです。