ガリレオのポンプの問題






ガリレオのポンプの問題

1640年トスカーナに住んでいる、大公は、人々をさせて宮殿の庭に井戸を掘っようにしました。約12m程度を掘削して、地面の中に入って行くと、地下水が見え始めました。人々はここで、パイプを打ち込んだ後、ポンプに接続しました。ところで、水が一滴も出ないものでした。人々は、ポンプを調べてみたが、何の異常がありませんでした。大公は、この問題をガリレオにお願いしました。ガリレオはじっくり考えた末、次のような事実を知ることになりました。「地下水が10mの高さまで上がってくることができるが、それ以上は上がってくることができない。」しかし、ガリレオは、この事実の根本的な原因を知ることができませんでした。

10mより深くの井戸の水をポンプで上げないのはなぜでしょうか?
この井戸の水をくみ取りためには、どうでしょうか

ストローの中の飲料水は、吸い込ま上がってくるのでしょうか?または、押されて上がるのでしょうか?

ストローは、私は吸い取る吸引力が強いほど、いくらでも高いところでも吸い上げたような感じを受けます。しかし、その感じは事実とは異なります。

実際には、飲料水を押し上げる根本的な力は、大気圧です。
ストローの中の飲料水は吸い込ま上がるものではなく、大気圧によって押されて上がることです。
ただし、私は大気圧が飲料水をよく押し上げられようにストロー内部の圧力を減少させておいただけです。