乾湿球湿度計(乾湿計)






乾湿球湿度計

水が蒸発する程度の差を計り、空気中の湿度を把握できるようにする簡単な装置です。シンプルな構造に比べて比較的正確に湿度を測定することができます。電子湿度計が普及する前は、主に乾湿計を利用しました。
乾湿球湿度計は、乾球と湿球、二つの温度計で構成されています。二つの温度計の温度差を利用して、湿度を測定します。

乾球は、通常の一般的な温度計と同じです。現在の気温を表します。
湿球は、薄く湿った布で包んだ温度計です。蒸発による冷却が起こり乾球温度計の温度よりも低下します。空気が乾燥すると、乾燥するほど温度がもっと低くなります。

もし、空気中の水蒸気がいっぱいあれば蒸発が起こりません。この場合、乾球と湿球の温度は同じにされ、湿度は100%です。